幼い頃、なぜか好きだったコサージュ
   HOME    ブートニア    ブローチ    帽子    チョーカー    花

   HOME

コサージュ、幼稚園の頃から、なぜか、これに魅了されていた。(笑)

街に母と買い物に行き、それを見つけるとその場所を動かなかったそうです。
じっと見つめていたという話です。
おぼろげに、覚えていますが、現在の私は、全くそんなことはありません。
好きでも嫌いでもありません。
今、これをつける事はまずありません。

小さい頃のイメージは、特別な時に胸につける花というイメージです。
結婚式、入学式、卒業式には、必ず女性の服につけるという物です。
私の記憶の中では、ピンクと白の花弁の組み合わせが多かったような気がします。
しかし、その頃、私が好きな色合いは、なぜか黒だったようです。

母の話しですと、ワンピースを作る時の生地を姉と私の分を買うにあたり、姉には黒のレース、私にはピンクのレースと購入すると、私が必ず、黒のレースの方で作ってくれと、言ったということです。
作って着せて見ると、やはり、私には黒がとても似あい、姉はピンクがとても似あっていたということでした。
あー、これはコサージュとは関係ないですが・・・
というわけで、私は、可愛い色の物より、少し渋めの色の物に引かれていたようです。

最近は様々な色の物がたくさん出回っています。
もちろん大きさも色々あるのでしょうね。
この定義は、女性がドレスや衣類につける花飾りのことです。
生花・布・紙などの造花で、リボンやチュール等を足して作ります。
慶事の服等を引き立たせるために、肩・胸部・腰などの胴部や手首に着ける物だと、書いてありました。

私の子供の頃は、小学校ぐらいまでの卒業式・入学式等の親の服装はほとんどの人が着物をきておりました。
さすがに中学の入学式は、母はスーツでした。
胸元に花をつけていました。
ピンクや白の花だったような記憶です。
他の方のお母さんも、数人は着物でしたが、洋服を着ていた方は、ほとんどが黒のワンピースかスーツでした。
黒ですから、うすい花が映えますから。
その頃はピンクや白が多かったのでしょうか。

私はその頃、ブルーや渋めのグリーンが好きでした。
小学年の低学年の同級生の中に、家が小物や雑貨などを販売している子がいました。
その店にも、コサージュが売っていました。
私は、母にねだって、ブルーの色の物を買ってもらったような気がします。
私の服にそれが似合う訳でもありませんから、引き出しの中にそっとしまって、幾度も取り出しては、眺めていたことを思い出しました。
母にしてみれば、どうしてこんな色が好きなのか、きっと不思議に思ったことでしょうね。
母は、一度も、何故その色が好きなのかを、聞く事はありませんでした。
でも、今にして思えば、親としては不思議だった事でしょうね。

しかし、その頃の私は、ピンク・白・きれいな緑色などは魅力がありませんでした。
この渋い色の好みは、25歳ぐらいまで続きました。
きれいな色の服は一切ありませんでしたね。

でも、娘の幼稚園の入学式の時は、ピンクのブラウススーツに、白いコサージュを付けました。
後ほど、写真を見て、う〜ん、なかなか似あって(笑)いましたので、それからだんだんと明るい色を着るようになり、身につける物が明るい物になってきたような気がします。

花を付けることにより、多少なカジュアルな服もお呼ばれ着になることもあります。
花の大きさでも用途が変わってきますし、花の種類によっても雰囲気がかなり違ってきますね。

例えば、大きなバラですと、やはりおめでたい席が似あっていますし、カメリアなどで黒ですと、喪服に付けてもおかしくありませんね。
こうなると、自分のセンスが問われます。
比較的小さな花ですと、カジュアルにもOKです。
また、リボンやチュールの添え方でも、ずいぶんと花の雰囲気が違ってきますので、使いまわしは可能です。
パーティー等では、胸元に飾ることだけでなく、手首に巻くと、とてもキュートな感じになり、若々しさがでます。
長めのネックレスに花を飾りますと、華やかになります。

今の私は、幼いころと違い、きれいな色が大好きです、歳をとったせいか、渋目に色に心を引かれることはなくなりました。
充分、自分の年齢が渋くなったようですので・・・・・。
色も渋い、年齢も渋いでは、若々しさがありませんよね。(笑)

昔と違い、今では洋服を購入時に共布での花が作ってあったり、その服に合う花が付いている場合があります。
フォーマルな服だけでなく、カジュアルな服にも付いています。

フォーマル服などは、ネックレス・コサージュ・バッグなどがセットになっており、おめでたい席や悲しみの席等にすぐに使用できるようになってあるようです。
現在は、おめでたい時にあまり黒の服を着用することが少なくなっていますね。
黒を着るにしても、ジャケットを色ものにして、華やかな装飾品を付けますね。

確かに黒は、誰にでも似あう色ですし顔色をきれいに見せるよう気がしますが、やはり華やかさには欠けるように思います。
しかし、若い人の地味な色は、反対に若さを強調してなかなかカッコイイと思う事もあります。
私も幼い時に、渋めの色のものが大変好きでしたので、大いに着用すべきだったかもしれませんね。
今となっては、凄くきれいなグリーンや黄色や鮮やかなブルーが大好きな私です。
ただ赤は、物心ついてから一度も着た事がありません。
今後、着ることもなさそうです。
しかし、胸元に飾る花ぐらいは、赤色で挑戦しても良さそうですね。

私の娘は、夏になると髪をアップして花飾りをつけます。
もちろんパーティーや式典などという特別な場面ではありません。
普段着につけていきます。
大きな花ではありません。ピンに小花が付いた物です。

バランス良く髪につけると、とてもかわいいです。普段使いにピッタリですよ。
大きな花ですと、パーティー等につけますと、一層華やか雰囲気を醸しだしますね。
色々なシーンに使い分けていくことが出来ます。
大げさに言えば、コサージュは、様々な自分の心を演出することが可能な物のようです。
冬には、ストールにつけても、カッコいいし、お洒落です。

私の持っているスカートのウエスト部分にも、共布で花が付いているスカートもあります。
ベルトに花がついている物もあります。
女性にとって花は、特別な物でもあるし日常のあたり前の物でもあるようです。
私自身、今はきれいな色が好きになりましたが、デザインとしてはすっきりした感じが好みですね。
あまりチュールレースやリボンなどをたくさん使ったものより、インパクトがある色づかいで一輪の花という感じが好きですというか、最近はそんな感じのもの多くなってきているような感じがします。
ビジューが花の中心についていたり、パールやラメがついていたり、花の下にフリンジがあしらっていたりするものが、多く出回っているようです。
もちろん昔えは、デザインが違っていますが、花であることは間違えありません。

小さな花は、様々なシーンに対応できます。
小花は、数本集まれば大輪になりえますし、1つであればどんなカジュアルな服にでも対応できます。
1輪1輪使っても、ステキなコサージュになりそうです。
ヘアーアクセサリにしても、小花は大活躍です。
大きな花よりも、使い勝手は良さそうです。

つまり、どんな服でもおかしくないということです。
花のアクセサリーは、女性にとっては切っても切れない大切な物ですし、歳を重ねても使いたいアクセサリーです。
花は、女性にとって大切な人生の一部のような気もしてきました。
確かに花がなくなったからといって、生きるのに困るわけではありませんが、心の癒しやお洒落にはなくてはならない物です。

コサージュの付け方については、鎖骨あたりつけると美しく見えるそうです。
右か左かという決まりはありません。向きとしては、茎が上向きでも下向きでもかまいません。
茎が見えない方がいいということと、花が上向きに見えるように付けることが望ましいということです。
基本は、茎が下だということです。

ただ、迷った場合は、背が高い人の時は茎を上向きにすると茎が見えづらいという事だそうです。




 
   WHAT'S NEW

ひと昔前まではパソコンと言ったら少しマニアックな趣味と言ったイメージがあり、仕事で使用する人でも個人では所有していないなんてことも珍しくありませんでしたが、それが今日では一家に一台あるいは一人一台も珍しくないぐらいに普及して来ました。そこで二台目、三台目の買い需要として選択肢に上げられるようになってきたのが中古パソコンhttp://www.shop-inverse.net/であったりします。中古パソコンと言えば価格は高い割りに、新製品と比較してスペックが大きく劣ると言ったイメージがあった時期もありましたが最近ではパソコンの基本性能が大きく上がったために、中古パソコンであったとしても実使用に際して不満を感じるような状況は少なくなりました。そこで、中古パソコンを買う際に他の製品とどのように比較してパソコンをチョイスすれば良いのか、それは自分の使用目的に合わせて選ぶことが重要となります。中古パソコンは価格が安いほど逆に性能的に割高になる傾向がありますが、例えばメインで使用しているパソコンがトラブルが起きた時にもう一台バックアップとして用意しておいて、トラブルの対処のための緊急用マシンとして利用するのであれば性能的に割高になったとしても、単純に価格が安い製品を選ぶのが良いでしょう。また、逆にある程度の性能が欲しいが少しでも安くパソコンが欲しいと言った場合も価格がディスカウントされている中古パソコンはオススメです。





   もうすぐ


就職してすぐの頃、友人にハンカチのプレゼントをしたことがあるのですが、あとで知ったのですがどうやらハンカチにはお別れという意味があるらしく、あとになってマズイことをしたな。っと思いました。もうすぐ母の日ですが何を贈ろうかもう決めた方は多いのでしょうか。物にもいろいろ意味があるみたいなので調べて贈らないとダメですね。私は、母の日ギフトは、まだ決めかねているのですが、一つはいいなぁと思っている物があります。母の日ギフト お花は定番ですが、そのなかでもちょっと工夫して贈ろうかと思っています。http://xn--u9j0grb6bb9ep2ooc0580ffun.com/お花とあと一つ何かをプレゼントしようと考えているのですが過去に財布をプレゼントしたのですが、あまり必要じゃなかったみたいでイマイチよろこんでもらえなかったのか、放置してあって悲しい思いをしました。(笑)母に直接欲しいものを聞いてプレゼントするのもいいかもしれません。今、一番何が欲しいのか、何が必要なのか。食事なんかもいいかもしれません。毎日、家事ばかりしているお母さんたちには母の日の贈り物として意外と、喜ばれるみたいで食事に連れていってあげる。って方が結構多いみたいなんで。ということでやっぱり母になにがいいのか聞いて決めようと思います。




   悩みごと


私の家族は夫と幼稚園に入ったばかりの娘がいます。私は遠距離恋愛の末結婚をしたので、結婚後仕事を辞め、夫の住んでいるところへ行きました。近くに親がいるわけでもなく、友達もいない状態でした。専業主婦となった私には会って会話ができる人がほとんどいませんでした。娘が3歳になり幼稚園に入ったので、私は幼稚園での繋がりができました。人見知りですぐには打ち解けられないので、挨拶する程度の知り合いはできましたが、それ以上の友人はできていません。まわりの人たちは立ち話をしたり、ランチの約束をしていたり、子供同士で遊んだり、という会話が聞こえてきます。無理に友達が欲しいというわけではありませんが、大人になってから友達というのは作りにくいものだと思いました。学生時代や仕事仲間は、一緒にいる時間は長く、同じことをしていて、どんな人がわかってくる。自分と同じ考えだったり、一緒に居て楽だったりして、仲良くなれる。でも、今は違う...。そんなことに悩み、カウンセリング 名古屋 悩みを相談をしに行くことにしました。少しでも気持ちを楽にしたかったんです。




   矯正歯科


小さな、お子さんをお持ちの、お母さん。家事、育児に追われて忙しくて、お子さんがダダをこねるからと、おしゃぶりを与えていませんか?おしゃぶりを、長い間、くわえていた子供が、おしゃぶりによって歯の生える方向や形が変形してしまっているという事例が、実際にたくさん出ています。おしゃぶりは歯並びに、とても影響するので、あまりよくありません。泣き止まないときに一時的に与えるのには問題はありません。しかし、ずっと与えてしまうのは歯並びを変形させてしまうのでやめましょう。それに、おしゃぶりは必ずしも衛生的にいいとは限りませんので、あまりしない方がいいでしょう。もし、何らかの理由で歯並びが悪くなってしまった時は矯正歯科 福井に行きましょう。矯正歯科http://www.sawayaka-kyousei.jp/equipments福井では、さまざまな歯並びの悪さに悩みをもつ患者さんたちの歯並びを治療しています。例えば、矯正している間の見た目を気にして矯正に踏み切れなかった患者さんや歯並びだけではなく関節自体に矯正が必要な方など、いろいろな事例の患者さんを治療していますので安心して治療に通えると思います。矯正治療は高額になることも考えられますので出来るだけ歯並びが悪くならないように予防しましょう。




   オルゴール


アンティークオルゴールの素晴らしい音色に惹かれ、自分も購入してみたいと思った事がある人もいるでしょう。ですがアンティークっぽいものであるならばともかく、100年以上前に作られたような本格的な物はとても高く、なかなか手が届くものではありません。ですが、それでもどうしても欲しいと思い、購入しても、その後が大変なのがこのオルゴール(http://www.rakuten.co.jp/morinouta/)の特徴でもあります。こうした古い物は、その置き場の環境にとても気を使う物です。何故なら、少しでも湿度が高い部屋に置いておくと、錆が出て音や動きに影響します。そして逆に湿度が低いと、それは外側の木に影響を与えてしまうので、置いておく場所の空調管理がとても大切になってきます。更に、古い物なのでどうしても故障しやすいですし、音を鳴らせば鳴らすだけ、部品は消耗していく事になりますから、大切に使う為には修理が必要である事を前提にしておく必要があります。その為には、そのオルゴールを修理する事が出来る修理屋さんを探しておく事が大切になってきます。アンティークオルゴールは確かに素晴らしく、手元に置いておきたいと思う事もあるでしょう。ですが、手入れなどを考えると、その音色を聴きに行く物と思っておく方が良いかもしれません。




   便利屋


仙台等の都市部でも便利屋といった業者の数が年々増えていっています。その理由として大きいのが、高齢化社会で、歳を重ねた人が増えていますし。また東北地方の場合だと、通常の掃除等の便利屋の業務だけではなく、雪かき等もありますし、地域毎に業務も多少違って来ます。核家族化が進んだ現代では、一人暮らしをする高齢者が多く、掃除一つするのにも大変です。こういった人が便利屋 仙台 掃除を利用する事はとても多くて、ますます高齢者が増える事は確実ですから、需要が伸びていく事が予想されています。また高齢者が増えているだけではなく、女性の社会進出が目立つ世の中になり、共働きの夫婦が便利屋を利用する事もあります。このように便利屋の需要が、ますます伸びていく世の中になってきており、業者の数も増えていく事でしょう。仙台のような都市部に限らず、色んな地域で存在していますが、その内大都市圏でも目立つ存在になってくると思います。需要が伸びたり、世の中のあり方が変わるにつれて、便利屋の業務内容も様変わりすると思いますし、色んな年代の方から頼まれる事も多くなるでしょう。少なからず高齢化社会になる事は確実であり、多くの方が利用するようになるのではないでしょうか。



   鍵


家の鍵、車の鍵、倉庫の鍵…鍵が沢山あるので、カバンの中でごちゃごちゃするのが嫌で、キーケースを探していた。キーケースと言っても、ホックで留めて収納するものもあれば、ファスナーで収納するものもあります。素材も様々で、合皮の物もあれば皮の物もあります。中でもビックリしたのは、イールスキンという素材の物で、何とウナギの皮を使った物があったのです。 鍵を使う時にさっと出せるものがよかったのと、カバンの中で他の物を傷つけない物を探していました。 大阪に出かけた時に、丁度自分好みのキーケースを見つけて少し値段はしたが、もうこの店に来ることはないだろうと、思い切って買いました。買ったら、すぐに使いたくなり、食事した後に、箱から出して、http://xn--pssu07knyb.com/を付けました。